流水算:第1回 静水時の意味を覚えよう

今回から中学受験算数の流水算の問題を解説していきましょう。
流水算の第1回目です。

今回は、流水算に出てくる「静水時」という言葉について見ていきます。
(目次はこちら

静水時の速さから上り・下りの速さを出す

ドク
今回から流水算というものについて見ていくぞぃ
さとし
流水算?

ドク
旅人算では人、時計算では針、通過算では電車が出てきたのぅ
さとし
そうだね

ドク
流水算では船が主役じゃ

さとし
ふ~ん

ドク
さっそく問題じゃ!

<問題>
静水時での速さが時速6kmの船があります。この船が時速2kmの速さで流れる川を下る時、船のと進む速度は時速何kmですか?また、上る時は時速何kmですか?

静水時とは

さとし
静水時ってなに?

ドク
静水の時ということじゃ

さとし
・・・静水ってなに?

ドク
静水というのは、止まっていて動かない水のことじゃ

さとし
???

ドク
例えば、川は常に上流から下流へ水が流れとるのぉ

さとし
そうだね
ドク
つまり水が動いているわけじゃ

さとし
まぁそうだね。じゃあ静水じゃないね

ドク
その通りじゃ。それに比べてプールはどうじゃ?

さとし
水は動いてないね。ってことは

ドク
そうじゃ。静水というのはプールみたいな所じゃな

さとし
あれ?

ドク
なんじゃ?

さとし
流れるプールは?

ドク
・・・

さとし
水が流れてるもん。静水じゃないね

ドク
・・・流れるプールは置いときましょう

さとし
まぁいいや。プールが静水なんだね?

ドク
そういうことじゃ

さとし
じゃあプールで進む速さが、静水時の速さということ?

ドク
その通りじゃ。船自身の速さとも言えるのぅ

さとし
ほーほー。じゃあプールで進む速さが、今回は時速6kmということだね?

ドク
うむうむ。では問題に戻るぞぃ

さとし
川の流れの速さが時速2kmだっけ?

ドク
そうじゃ。その川を下る時、船の速さはどうなるかのぅ

さとし
船自身の速さが時速6kmなんだよね?じゃあやっぱり時速6kmだよ

ドク
ぶっぶー

さとし
だって、川に行ったって、船自身が速くなるわけじゃないじゃん

ドク
確かに船自身が速くなるわけではないのぅ

さとし
だったらなんでさ

ドク
船は川の流れにのっておる。その分、速く進めるわけじゃ

さとし
ほぅ!そうか

ドク
つまり、船自身の速さ+川の流れの速さ、6+2=8km/時の速さになるんじゃ

さとし
ちっ答えたかったのに

ドク
では上りの速さはどうじゃ?

さとし
上りってことは流れに逆らうんだね

ドク
そうじゃな

さとし
その分遅くなるよ

ドク
ということは?

さとし
6-2=4。時速4kmになるんだね

ドク
正解じゃ

さとし
よくできました

まとめ

静水時の速さというのはプールで進む速さです。
川の流れに従えばその分速くなり、逆らえばその分遅くなります。

それらを理解したうえで下のものは公式をして覚えてしまいましょう。
・上りの速さ=静水時の速さー川の流れの速さ
・下りの速さ=静水時の速さ+川の流れの速さ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク